HOME>アーカイブ>いくらかかるのか、気になる雨漏り修理にかかる費用

雨漏り修理にかかる費用

雨漏り修理は、さまざまな場所を直して修理完了になります。必要な個所よって、かかる修理費用は異なります。

雨漏り修理のポイントとは

どこから漏れているかを特定

どこから雨漏りをしているか場所の特定をすることが重要なポイントとなります。

業者によって費用が異なる

雨漏り修理に使う道具や機械、そして携わる人数によって費用が異なるため、業者によってかかる費用が異なります。

相見積もりを取得する

相見積もりをするとかかる費用を比較することができます。

見積もりや契約書の有無

書面が一切提示しない業者には注意が必要です。契約後に内容を変更してくる可能性があり金額も大きく変化してしまう可能性があります。

アフターフォローや保証がしっかりしている業者を選ぶ

雨漏り修理は、再発してしまう可能性があります。修理後のアフターフォローや保証があると安心です。

費用には大きな差がある

雨漏り

雨漏りの修理は、屋根の状況などによって異なります。約30坪の相場としては、5万円から30万円となっています。相場といってもかなりの幅があると感じますが、30万円くらいの費用のケースでは、足場を作らないと作業ができないような勾配がある屋根を修理する時です。また、防水テープやコーキングでの簡易的な補修であれば5から10万円程度ですが、屋根の葺き替えや棟板金の交換、防水工事などをすれば50から150万円の費用が掛かることもあります。このように、費用は、屋根の勾配、どのような修理をするのかによって金額に大きな差が出ます。

業者依頼で安心感が得られる

住宅模型

雨漏り修理業者の中には、悪徳業者なども存在することから、依頼をすることをためらっている人もいるかもしれません。しかし、悪徳業者はほんの一部で、多くが優良業者です。そんな優良業者に依頼をしたことで、とても助かったという声を見ることができます。修理にどのくらいの時間がかかるのかと不安を感じていた人が、職人さんが直接施工をしてくれたので、あっという間に修理も終わったという声を見ることができます。雨漏りは、昼間だけでなく、夜中に急に起こることもあります。そんな時でも、24時間受付をしてくれる業者に連絡すると、すぐに駆け付けてくれて助かったという声も見ることができました。このように、修理業者に依頼をすることで、大きな安心感を得ることができます。