雨漏りが起きたときどうする?

発生個所が気になってしまいますが、まずは雨漏りしている部分の下にバケツなどを置いて水が広がらないようにすることが必要です。

雨漏りを自分で修理する場合と業者にお願いする場合を比較して

自分で修理する場合には費用は安いがリスクもある

雨漏りを自分で修理する場合には、費用を抑えて修理することが可能です。ただし、手間と時間がかかり、修理材料などを自分で準備が必要となります。材料が違っている場合など正しく修理をしないと結局業者に依頼する可能性もあり、結局プラスに費用が掛かってしまったというケースも少なくありません。高いところに登ることになるためケガをしないように十分注意が必要です。

自分で修理するより確実な業者への依頼

業者にお願いする場合には、費用は自分で修理するより高額になってしまいますが、適した材料や個所の修理を期待することができますし、プロに修理を頼むため修理が自分で直すより早めに完了します。ただし、よい業者だけではありません。ときには悪徳業者もいるため見極めが必要です。

気が付いたらすぐ行動を

家

雨がひどい時や、台風の時など、雨漏りがするのに気付いたらすぐにまずは行動を起こしましょう。漏れているのが少ない水量だからと安心して放置しておくと、知らないうちに雨水の量が増えて床に溜まってしまうという恐れもあります。さらに畳などに浸み込んでしまうと、カビが生えたり腐ってしまう原因にもなるので、被害拡大を防ぐためにも、まずは漏れているところにバケツなどで対策をしておくことが大切になります。そのうえで修理依頼をするようにしましょう。

自分では修理ができるのでしょうか

雨漏り

部屋の天井から雨漏りをしている時に、出来れば自分自身でサッと治せたらというように考えるのではないでしょうか。天井裏にすぐに入れるという場合の構造のお宅であれば、天井裏をチェックすることはそれほど大変ではないはずです。しかし実際雨漏りというのは、天井よりもさらに上の屋根に何かしらのトラブルが生じて起こるという事も想定されます。それ以外ですと、家のひび割れ部分からもれてくる、また配管などからの水が原因だということもありえますが、どちらにしろすぐに見てわかるという事ではないのが厄介です。

検査の方法について

雨漏り

業者に雨漏りの修理を依頼すると、まずは目で原因を特定するという事になります。それでもわからない場合には、水を撒いて漏れを特定するというような検査を行う場合もあります。範囲によってはかなりの時間を使って散水を行い検査をすることにもなるので、かなり大変です。しかしこういった検査を行わないで、対処療法だけを簡単に行ってしまうことで、本当の原因がつかめず、さらにひどい状態になってしまうという事も考えられます。適切な検査についてはしっかりと行ってもらうようにしましょう。

やってはいけない対策とは

雨漏り

雨漏りに対して、業者が来るまで悪化しないようにと自分でできる対策をする人もいます。ブルーシートを屋根にかけるなどがあげられます。確かに雨をよける効果はありますが、高所にのぼって作業をする事、足元が危険な事を考えると、慣れていない素人がやることは避けるべき。特に雨の中での作業は絶対に行わないようにしましょう。慣れている業者でも、きちんと安全ベルトをつけて作業するなど対策をしています。